DOR0120 ワーグナー ワルキューレの騎行 76/45ホルスト・シュタイン指揮 NHK交響楽団

レコード番号&アルバム名

DOR0120 ワーグナー ワルキューレの騎行 76/45
ホルスト・シュタイン指揮 NHK交響楽団

DOR0120 ワーグナー ワルキューレの騎行 76/45 ホルスト・シュタイン指揮 NHK交響楽団
ジャケット表
DOR0120 ワーグナー ワルキューレの騎行 76/45 ホルスト・シュタイン指揮 NHK交響楽団
ジャケット裏
DOR0120 ワーグナー ワルキューレの騎行 76/45 ホルスト・シュタイン指揮 NHK交響楽団帯表
DOR0120 ワーグナー ワルキューレの騎行 76/45 ホルスト・シュタイン指揮 NHK交響楽団 帯裏
解説書PDFへのリンクボタン
1.8MB
発表年月
種類
回転数
音源
録音方式
頒布会
オーディオ
チェック
45
DAM・東芝EMI
共同制作
アナログ&
デジタル録音
アナログ
76cm/sec

(東芝EMI市販
およびDAMCDは
デジタル録音)
プロデューサー
ディレクター
バランス・エンジニア
サウンド
エンジニア
カッティング
エンジニア
メカニック
エンジニア
総合プロデューサー:野口泰明・田村勝弘
プロデューサー:鈴木武昭・中田基彦
ディレクター:中田基彦
池田 彰
原 清介
竹内昭五
金子秀作

録音協力
サウンド
クリエーター
企画
制作
製造
制作協力
デザイン・他
技術解説
第一家庭電器
DAM
東芝EMI株式会社
財団法人
NHK交響楽団

長谷恭男
(NHK交響楽団)
堀田正實・(カメラ)
東芝EMI(株)デザイン室
取材協力 スタッフユニオン
通訳 川島道二
池田 彰
原 清介
曲目・演奏者
WAGNER
DER RITT DER WALKÜREN
Horst Stein NHK / Symphony Orchestra
 

SIDE 1
SIDE 2
1. ジークフリートの葬送行進曲 楽劇「神々の黄昏」より 
 Wagner : TRAUERMUSIK aus GÖTTERDÄMMERUNG  7'44"

2. ワルキューレの騎行
 Wagner : DER RITT DER WALKÜREN  5'18"
1.「さまよえるオランダ人」序曲
 Wagner : DER FLIEGENDE HOLLÄNDER OUVERTÜRE  11'11"

2.「ローエングリーン」第三幕への前奏曲
 Wagner : LOHENGRIN VORSPIEL 3 Act  3'09"

ホルスト・シュタイン指揮
NHK交響楽団

 簡易保険ホール(東京 五反田)
1983.2.26-27 ホールでのセッション録音

今回導入された新技術・企画
カッティング・データ
 ・ワーグナー没後100年、巨匠ホルスト・シュタイン~N響による録音
 ・オーケストラのアナログ76cm/sec
  &デジタルワン・ポイントセッション録音
 ・録音マザーテープによる、アナログ76cm/sec カッティング
 ・クォーツロックDDモーターカッティングマシン
 ・レコードの偏芯を減らすためセンターホール径を小さい方に設定
 ・厚手・重量・フラットディスク
 ・プロユース材をもとに改良された
DAM45用・新レコード材を使用
 ・解説書表紙カラー、
ワーグナー没後100年記念特別デザインレーベル。
TapeRecorder : Studer A80MKII
DRIVE AMPLIFIER : NEUMANN SAL-74
CUTTING RACE : VMS-80I
             Quartz Rock Motar
CUTTING HEAD : NEUMANN SX-74
Diamond Catting Stylus
Non Limitter , Non Equalizer
1983.4.26
東芝EMI(株)赤坂
制作にあたって
(発表時、解説書記載のまま)
ワーグナーの没後100年にあたる本年、世界的にその記念行事が計画されているようですが、我国でも、この5月、ベルリン国立歌劇場が総勢350名で来日し、ワーグナーのオペラ「タンホイザー」や「さまよえるオランダ人」 を上演し、話題を呼びました。
そして、この記念すべき年に、ワーグナーの権威、ホルスト・シュタイン氏と、日本の誇るNHK交響楽団による、ワーグナ一作品集を、DAM オリジナル録音として、会員の皆様にお届けできることは、当社といたしましでも望外の喜びでございます。

DAM45は既に32枚を数え、そのうちオリジナル録音は、本アルバムで13作目ですが、フル・オーケストラの録音は55年6 月の岩城宏之〜日本フィルハーモニー管弦楽団のライヴ「ローマの松」以来2 度目ということになります。

昨秋、このレコーディング計画が持ち上り、色々と検討した結果、NHK交響楽団、東芝EMI の一般販売用 (CD 、レコード、カセット・テープ ) そして当社DAM の、共同制作ということで、レコード制作のためだけの、本格的レコーディングとして実現の運びとなった次第です。

ワーグナーの音楽といえば、52年6 月に、カラヤン〜ベルリンP O. (EMI原盤)で「タンホイザー」序曲を一度取り上げていますが、今回は、大作「ニーベルングの指環」から "ワルキューレの騎行" "ジークフリートの葬送行進曲" そして
「さまよえるオランダ人」序曲、「ローエングリン」第3 幕への前奏曲の4曲を選びましたが、いずれも有名な曲ばかりですので、クラシック・ファンでない方も、どこかでお聴きになったことがあるかと思います。

ところで、指揮者のホルスト・シュタイン氏は、ワーグナー音楽のメッカ、「バイロイト音楽祭」(毎年、年末にNHK・FM でその年の録音が放送されていますので御存知の方も多いことでしょう) の常連として、本年も「ニュルンベルクのマイスタージンガー」 を指揮することになっていることからもわかるように、ワーグナーの権威としてヨーロッパで名声を誇り、ウィーン国立歌劇場の首席客演指揮者やスイス・ロマンド管弦楽団の音楽監督などの要職にあります。

又、1973年にN響の客演指揮者として初来日以来、1975年には早くも名誉指揮者の称号を贈られるほど、N 響との信頼関係は確かなものといえましょう。

その音楽は、ドイツ音楽の伝統を基盤とする、オーソドックスで重厚、かつ滋味のある味わい深いもので、本アルバムのレコーディングの後の、N.定期演奏会のオール・ワーグナー・プロでも、聴衆の絶賛を浴びていましたが、我国ではレコードよりむしろN響との演奏会を通じ、多くのファンを持っています。

レコードも、ウィーン・フィルとのワーグナーやブルックナーが日本でも発売されていますが、N響とのレコードは、今回のレコーディングが最初となり、DAM45がその栄誉を担うことになったわけです。

NHK交響楽団は大正15年に新交響楽団としてスタートし、今では名実ともに日本を代表する名オーケストラとして、演奏会はもとよりTVでも活躍しているのは御存知の通りです。

録音は、本年2月26 、27 日と五反田の簡易保険ホールで行われましたが、録音に先立ち2日間のリハーサルをするほどカの入った、ホルスト・シュタイン氏とN響のこと、このレコーデイングはまるで演奏会のような熱気を醸しだしながら、順調に収録されました。とにかくシュタイン氏のワーグナーの音楽に関する造詣の深さ、キャリア、そしてN響のメンバーはもとより、スタッフに対する手際の良い指示と、かつその人柄からにじみでる暖かい心遣いが、このレコーディングを成功に導き、素晴しいワーグナー名演集を完成することができたといえます。

レコーディングは、より自然な音と音場再生を目指し、ワンポイント・マイク収録としましたが、録音方式については、デジタルとアナログ(76cm/s 2チャンネル)を同時に実施。
録音方式にとらわれず、結果を重視するDAM45のポリシィとして、録音後、一曲ずつデジタルとアナログのマスター・テープを試聴した結果、今回は全曲、アナログ・マスターを採用いたしました。

〔なお、東芝EMI より、デジタル録音のコンパク卜・ディスク(CC38-3030) 、同レコード(EAC-90147) 、同カセット(ZB28-420) が同時発売されますので、マニアの方は、あわせてお聴きいただければ、アナログ録音とデジタル録音の本質的な違いがおわかりいただけることと思います。〕

又、ワンポイント、76cm2チャンネル録音のため、トラックダウンをせず、簡単な編集作業で、マザー・テープがそのままカッティング用マスター・テープとなっています。カッティングに際しては、従来からのDAM45のポリシィとして、マスター・テープのクオリティと情報量を損わないために、ノン・リミッタ一、ノン・イコライザーで、45回転ハイレベル・カッティングをいたしました。
その後の製造工程も細心の注意と、最高の技術ノウハウを投入し、本アルバムを制作いたしております。

オーディオ的には、ホールの音響特性からか、フレッシュでリアルな音で収録されていますが、特に「ジークフリートの葬送行進曲」 の広大なダイナミック・レンジ、100名という大編成オーケストラの多彩な響きの洪水がリアルに再現できるかどうかが、システムのチェック・ポイントとなるでしょう。

とにかく、シュタイン氏とN響の熱気にあふれた迫真的な名演をこのDAM45 を通じて会員の皆様にお伝えできれば幸いです。

なお、本アルバム制作にあたり、ホルスト・シュタイン氏をはじめ、NHK交瞥楽団、東芝EMI(株)、関係各位に多大な御協力をいただきましたことを、ここに厚くお礼申し上げます。

今後、DAM といたしましでも、最新情報・最高の技術を駆使して、会員の皆様に少しでもお役に立てるソフトの開発に、更に一層の努力をする所存ですので、今後とも皆様の御支援の程、よろしくお願い申し上げます。

DAM推進委員会

*敬称は省略させていただきます。
*回転数の「33」は33 1/3回転の略です。

                                           はじめに戻る

 


TopDAM45についてDAM45/33全一覧お世話になった方々関連資料


DAMPCロゴ