DOR0142 アニー・ローリー 76/45 ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う

レコード番号&アルバム名

DOR0142 アニー・ローリー 76/45
ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う

ジャケット表-DOR0142 アニー・ローリー 76/45 ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う
ジャケット表
ジャケット写真裏-DOR0142 アニー・ローリー 76/45 ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う
ジャケット裏
帯表-DOR0142 アニー・ローリー 76/45 ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う
DOR0142 アニー・ローリー 76/45 ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う
帯裏
解説書PDFへのリンクボタン
1.6MB

歌詞カードは
割愛しています
発表年月
種類
回転数
音源
録音方式
録音日
頒布会
オーディオ
チェック
45
DAM
オリジナル
録音
2倍幅
76cm/sec.
アナログ録音
1986.1.13,15
バリオホール
本郷
プロデューサー
ディレクター
バランス
エンジニア
録音協力
カッティング
メカニック
エンジニア
鈴木武昭
中田基彦
池田 彰
サウンド
クリエーター
竹内昭五
企画
制作
製造
協力
デザイン
技術解説
第一家庭電器 DAM
東芝EMI
株式会社
東芝EMI(株)デザイン室
フォトグラファー 堀田正實
江川三郎
原 清介
曲目・演奏者
 
Annie Laurie
THE SCHOLARS
SING ENGLISH FORK SONGS
アニー・ローリー
ザ・スコラーズ イギリス民謡を歌う

 SIDE I

1. アニー・ローリーAnnie Laurie (スコットランド民謡)  3'16"

2. スコットランドの釣鐘草 Bluebells of Scotland (スコットランド民謡)  
1'47"

3. ロンドンデリーの歌 The Londonderry Air (アイルランド民誠) 
3'02"

4. ボビー・シャフトー Bobby Shaftoe (イングランド民謡)  
0'46"

5. 恋人にリンゴを I will give my love an apple (イングランド民謡)  
1'55"

6. 故郷の空 Comin 'through the rye (スコットランド民謡)  
1'55"

7. ある朝早く Early one morning (イングランド民謡) 
3'16"

SIDE 2

1. スカボロ・フェアーScarborough Fair (イングランド民謡) 
3'54"

2. 酔っぱらいの水夫 The drunken soilor (イングランド民謡)  
1'44"

3. アフトン河の流れ Afton water (スコットランド民謡)  
3'20"

4. ヘイホー、風も雨も Hey ho, the wind and the rain (イングランド民謡) 
2'34"

5. リッチモンド・ヒルの娘 The lass of Richmond Hill (イングランド民謡) 
2'02"

6. グリーンスリーヴス Greensleeves (イングランド民謡) 
2'43"

 



1986.1.13&15
アビラック・ミュージック・コミュニティー・センター
バリオ・ホール
(セッション録音)

 
今回導入された新技術・企画
カッティング・データ
 ・5月のチャールズ皇太子・ダイアナ妃来日に因みイギリス民謡集
 ・ザ・スコラーズは、キングズ・シンガーズと同じケンブリッジ大
  学の、キングスカレッジ聖歌隊の出身。5回目の来日。
 ・ソプラノを含む、アカペラ・四人編成。
 ・アナログ2倍幅76cm/sec. と、デジタル同時録音
 ・1/2インチマザーテープを、そのままカッティングに使用
 ・録音時のテープレコーダーをカッティング時にそのまま使用
 ・厚手・重量・フラットディスク
 ・レコードの偏芯を減らすためセンターホールの径を小さい方に設定
 ・プロユース材をもとに改良されたDAM45用・新レコード材を使用
 
Tape Recorder : AMPEX ATR102・1/2 (76cm 1/2インチ 2ch)
Drive Amplifier :
NEUMANN SAL74B
CUTTING RACE : VMS-80
Quartz Rock Moter
Diamond Stylus
CUTTING HEAD : NEUMANN SX-74
Diamond Cutting Stylus
NON LIMTTER , NON EQUALIZER
1986.5.7
東芝EMI(株)赤坂
制作にあたって
(発表時、解説書記載のまま)
日頃は第一家庭電器をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。
また第25 回頒布会を迎えることができましたことも会員の皆様の変わらぬご支援の賜と、重ねてお礼申し上げます。
 
 この頒布会のカートリッジ・チェック用として制作したDAM レコードも、今回で43 、44種類となりました。(他にVIP45 が8種類あります。)
 
 さて今回は、5月のチャールズ皇太子・ダイアナ妃の来日で、英国ブームが巻き起こりましたが、そのイギリスのボーカル・アンサンブル「ザ・スコラーズ」による、イギリス民謡集を、DAMオリジナル録音第20弾としてお贈りします。
 
 アニー・ローリ一、スカボロ・フェア一、グリーンスリーヴス、ロンドンデリーの歌、故郷の空、スコットランドの釣鐘草、等馴染み深い曲を含む全13曲の、スコットランド、イングランド、アイルランドの民謡の数々は、きっと皆様に、子供の頃のなつかしい日々を想い出させてくれることと思います。

 日本では、イギリスのボーカル・アンサンブルとしてキングス・シンガースが大変有名ですが、このザ・スコラーズもキングス・シンガーズと同じ、ケンブリッジ大学のキングス・コレッジの聖歌隊の出身で、来日も5回を数え、その人気も急上昇しております。
 
 キングス・シンガーズとの大きな遠いは、ザ・スコラーズが女声 (ソプラノ)を含む、テナー、カウンター・テナー、バスの
リス民謡のアレンジしたものを得意としていて、ザ・スコラーズの日本デビュー・アルバム「ザ・スコラーズ/イギリス民謡集」(EWC-90170) として東芝EMI より発売され好評を博しています。
 
 今回の来日にあたり、東芝EMI 市販の第3作目のアルバム録音と、DAM45用の録音とを共同制作することになり、本年 ('86) 1月13 日と15 日の2日間に渡って、本郷のバリオ・ホールでレコーディングいたしました。(既に3月に発表したVIP ・CD 「岩崎 洸 ◎ 白鳥」はこの5日前に、同じバリオ・ホールで録音されたものです。)
 
 録音当日は、かなり寒い日でしたが、空調雑音を避けるため、暖房を止めての録音は、スコラーズのメンバーの皆様に大変お気
の毒でした。チェロとピアノのような通常の楽器演奏でも大変なことと思われるのに、生身の肉体が楽器であるザ・スコラーズが、無伴奏 (アカペラ)にもかかわらず、絶妙なハーモニーを維持して、全21曲を2日間で収録できたことは、日頃のプロとしての鍛練の厳しさを垣間見る思いがいたしました。

 DAM45 の13 曲中、一部の曲目が先の市販レコード、「グリーンスリーヴス」と重なっていますが、今回の録音ではバリトンが入っていないことと、ソプラノが変わり、アレンジも新しくなっているので、大分、趣も変化しています。

 ザ・スコラーズの日本録音は、前2作ともスタジオでのデジタル録音でしたが、今回はよりナチュラルにレコーディングするため、ホール録音となりました。デジタル録音も同時に行いましたが、DAM45 用には、1/2インチ巾76cm/sec. 2 チャンネルのアナログ録音をいたしました。現時点では、マスター・レコーディング段階のトータル・サウンドとしてアナログ録音の方が、ナチュラルな響きで優れているため、この種の音楽では珍しくなったアナログ録音を続けています。しかし1/2インチのテープのコストが、デジタルのVTR テープに比べて著しく高く、この辺のコスト・アップも国内のアナログ録音が激減した一因なのかも知れません。
 DAM としては、デジタル録音がトータルサウンドの点で、アナログを越えるという評価がされるまで、アナログ録音を続け、稀少価値となりつつある、最新アナログ録音による純粋スーパー・アナログ・ディスクを制作していきたいと考えています。
 

 又、今回は、録音時の1/2インチ巾のマザー・テープをハサミだけで編集し、何の加工もせず、そのままカッティング用のマスター・テープとしました。更に録音時に使用したデッキをそのまま再生機として、ノン・イコライザ一、ノン・リミッターで、ストレート・カッティングするという、極めてシンプルな方法で、マザー・テープの持つフレッシュで、クオリティの高いサウンドをそのままレコード化できるよう努めています。
 

 再生にあたっては、勿論、どんな装置でもザ・スコラーズの素晴しい演奏をお楽しみいただけることと思いますが、オーディオ的には、ザ・スコラーズの声質ともあいまって、アカペラのボーカル・アンサンブルが、かなりシビアに収録されていますので、ややもするとその微妙なバランスが崩れやすくなります。
 

 カートリッジを含む装置のクオリティと、再生に細心の注意を払っていただくと、ホールの広い空間の中に、ナチュラルかつ透明なハーモニーが微妙な変化と解像度の高さを伴いながら融け込んでゆくのを、味わっていただけることと思います。

 なお、今回のアルバム制作にあたり、ザ・スコラーズ、東芝EMI (株)ならびに関係各位に多大な御協力をいただきましたことを、厚くお礼申し上げます。
 

 今後もDAM といたしましては、アナログ、デジタルを問わず、より良い音楽ソフトを開発し会員の皆様に少しでもお役にたてるよう、更に一層の努力をする所存ですので今後とも皆様のご支援のほどよろしくお願い申し上げます。

DAM推進委員会

*敬称は省略させていただきます。
*回転数の「33」は33 1/3回転の略です。

                                           はじめに戻る

 


TopDAM45についてDAM45/33全一覧お世話になった方々関連資料


DAMPCロゴ